MENU

懸賞が趣味でした・・・でも

 

 

わたしはどこにでもいるような平凡な主婦でした。

 

唯一の楽しみといえば、雑誌によく載っている懸賞に応募することでした。

 

結構最初は興味本位で送っていたのですが、それがだんだんエスカレートしてしまいには懸賞生活を本気で目指すまでのめり込んでいったのです。

 

そしてわたしは長年勤めていたパートをやめてしまいました。

 

仕事を辞めて、毎日雑誌をくまなく探して、懸賞に応募。そんな毎日が続いて行ったのです。

 

そんな生活に当然、主人は愛想を尽かしていきました。

 

私が懸賞にのめりこんでいるうちに、知らない女性と関係を持って、その女のところへ出て行ってしまったのです。。

 

私は本当にバカなことをしてしまった・・でももう遅かったんです。

 

子供はすでに大きくなっていましたので、母親のことなんて顧みず、自分たちの好きなように生きていました。

 

わたしは主人からも子供からも見放された気持ちになってしまい、さらに生活が乱れていったのです。

 

そしてわたしはろくに仕事もせず、あれだけ好きだった懸賞もすっかりやめてしまい、今では毎日パチンコ屋に入り浸っています。

 

でももう自分でもどうすこともできないんです。

 

すでに何件も消費者金融からお金を借りています。この前なんかはあまりにも借りすぎてしまったので、ついにはお店の方からカードローンの審査に落とされました。

 

こうなるともう人生まっさかさまに転落していくだけです。

 

既に結構なおばさんなんですが、この前風俗の面接に行ってなんとか合格しました。

 

私のようなダメ人間は不特定多数の男性に奉仕するのが当たり前だと思っています。
少しずつですがお金を貯めてまた以前のような生活をしたいというのが私のささやかな夢です。

 

主人も子供ももう帰っては来てくれないと思いますが。。。

このページの先頭へ