中国発祥の風水について

中国発祥の風水は、住環境を良くするためのノウハウが詰め込まれているもので、その成り立ちは漢の時代まで遡ります。
風水は占いの一種だと理解している人も多数いますが、それは間違いで、自然現象の観測を行ったたくさんのデータを蓄積して作り出したものなのです。
風水は、環境が人間にかなり影響を及ぼすという考え方から生み出されたもので、金運を始め、恋愛運や健康運、仕事運といった運気をアップさせる目的で自分で取り組むことができるのが特徴です。
金運を改善したいと感じている人は、金運を高めるのに期待できる風水を取り入れることによって、自分の運気を良くさせられるのです。
そうしたことが占いと一線を画すところで、風水を有効活用すれば自分で未来を変えることができるのです。
風水で人気なことは、特別なことを行わなくてもいいところで、だんだんと実行していけるところです。
大金を投じなくても、物を置き換えたり配色を変更するだけで、楽に金運アップなどの風水を組み入れた生活に変えられます。
風水を利用していくなら、基本中の基本である方位のことを理解して、勘違いのないようにする必要があります。
それほど、風水による影響は大きく、金運を改善したいなら北、西、そして北西の方向に意識を向けます。
西や北や恋愛運や金運、そして北西は蓄財運に関する方位と位置付けられているので、自宅や部屋がどの方位に位置しているのかをきっちりと割り出さなくてはいけません。
自分の家の中心は、四角形の間取りなら対角線上にある点が中心点となりますし、欠如しているポイントがあれば、欠けている部分を補ってから対角線を引いて求めます。
家単位のみならず、部屋単位でも実践することができますから、多種多様な場所で用いることができるのです。

 

お部屋の風水について

風水というものは、家単位で実施することもできますが、一つの部屋ごとにも導入することが可能です。
これはトイレも変わらず、トイレを美しく保持することによって、金運アップに繋がるとされています。
風水では、トイレは財産に作用する場所だと伝えられており、実際に財力がある人はトイレの衛生管理に非常に気を配っています。
風水を取り上げた番組で、金のトイレが取り沙汰されたりしていますが、これは非常に好ましいと言われています。
トイレ全部を金製にするのではなく、金製の便座だけを導入することにより大きな効果が期待できるようです。
しかしながら、様々な金運アップに効果的な風水を活用しても、きれいな状態に保っておかなければ効果は減少してしまうでしょう。
先に、トイレ掃除を毎日やる習慣付けをし、トイレマットの選択を行う回数も増加させて普段から衛生状態をに気を配るようにしておきましょう。
トイレ用のスリッパを置き、部屋のスリッパなどと区別します。
トイレのドアはしっかり閉めておくことが基本ですが、それは、トイレは悪い気が発生する場所といわれることから、異なる部屋に届けないためです。
これと同じ捉え方から、便座のふたも必ず閉めておくように意識する必要があります。
この頃のトイレには窓がない場合も珍しくなく、風水としては歓迎できるものではないのですが、それを容易に対処する方法があります。
空気の入れ換えをまめにやっていれば、トイレに停滞しやすい邪悪な気を外へと排出することができます。
観葉植物を導入するのも意味があり、トイレの気を明るく変化させてくれる作用があります。
トイレにある気を良くするという点では、盛り塩というのも大いに役立ちます。
金運を向上させたいと考えているのであれば、最初はトイレ磨きから取り組んでみるといいかもしれません。

 

ページの先頭へ戻る